JOOMOを使ったときに痛みを感じるといった噂を発見しました。もしも、痛みを感じた時の対処法や、その痛みの具合を聞き他の除毛方法には痛みがないのかどうかも調査してきました。

JOOMOを検索しながら調べているうちに痛いといった噂があるのを目にしました。
調べた結果から先に伝えると、JOOMOが痛いと感じる人はいないとのことでした。

もしJOOMOを使って痛いと感じたとしても、ワックスなどの毛を剥ぎ取る方法とは全く別次元のものだということが分かりました。

ワックスでの処理を一度試してみた方はお分かりになるかと思いますが、ワックスで処理を行うと剥がした後皮膚が真っ赤になります。

それほどの痛みと皮膚への負担がかかっているのです。
ですので、ワックスでの処理は痛みに強い人に限ると思います。

そして一般的に使われるカミソリも、肌が弱い人が使うとカミソリ負けを起こしてしまい、これもまた肌への負担がかかってしまいます。

肌は強い方だけど冬になると乾燥肌になってしまう方も、カミソリを使用すると痛みを引き起こしますよね。

また、カミソリで処理することにより色素沈着をしてしまうこともあり隠したい部分がより目立ってしまいます。

その点JOOMOは痛いと感じることもなく、色素沈着を起こすこともありません。
それどころか、JOOMOを使い続けることによって色素沈着を起こしていた肌が次第に白くなる期待ができますよ。

 

もしも痛みが出た時の対処方法

もしも、JOOMOを使用している最中や使用後に痛みがあった場合はこういった対処法を試してみてください。

JOOMOの痛みの対処方として、使用中であればすぐにJOOMOを洗い流して使用部分を見ます。

もしそこで発疹などがあった場合は、アレルギーなどが考えられるため、使用を中止し後日パッチテストを行ってください。

発疹などもない場合は、肌を温めてからもう一度使用し放置時間は5分程度にしてください。

肌を温めることにより、JOOMOの効果を即効性のあるものへと変えることができます。
より短時間で除毛効果を得られることでしょう。

上記のような使用中でのJOOMOの痛みを対処するにあたって、気をつけて欲しいのは痛みが出たときにJOOMOを拭き取るなど肌に負担になるようなことはしないことです。

こすることが肌にはとても負担になります。
よく洗ってから様子を見てくださいね。

また、使用後のJOOMOの痛みへの対処法は保湿をしてください。

発疹等が後に出た場合は使用中の痛みと同様に後日パッチテストをすること。
発疹もなく赤みなどがない場合は、JOOMOの使用時間を短くすることや保湿を十分に行うことで緩和することができますよ。

JOOMOを使うときに使用部分に傷があったなどの痛みには、すぐにJOOMOを洗い流して傷が治るまでは使用しないでください。

傷口にJOOMOが入ってしまうと危険なため使用時には注意が必要です。

>>JOOMOの安全な使い方は公式サイトへ