JOOMOの脚への使用方法はどんな感じに使えばいいのか。また腕への使用法は?といった疑問を解決したいと思います。使用方法とは別により効果的かつケアをしていくと毛が生えてくる早さが少しだけ遅くなってきますよ。

JOOMOのでの体毛ケアは脚に使うにはどうすればいいのでしょうか。

通常時の使用方法は、

・JOOMOを脚に吹きかける。
・この時にムラが無いようにすることを心がける。
・5分から10分そのままにしておく。
・綺麗に洗い流す。

JOOMOを吹き付ける量としては3mm程度を目安にするといいと思います。

ですが、足の毛は太い濃いからJOOMOがちゃんと機能するのか不安ですよね。
JOOMOの脚の毛処理にはちょっとしたコツがあります。

一般的な使用方法は公式サイトで大きく表記されているスプレーを吹きかけてたったの5分放置するだけと言われています。

ですが、太くて濃い毛に対しては5分といった短い時間では難しいこともあるようです。

5分から10分といった時間で試しても少し毛が残ってしまったといったことがあれば、10分から15分と少し調節していくといいですよ。

また、ラップなどでJOOMOを吹きかけた部分を覆うとより効果的です。
これは髪の毛を染めるときと同じ要領で、より深くの毛に浸透するようにするためです。

この場合は脚も保温効果を得られるため、JOOMOを脚に吹き付けて放置している間に冷えてきてしまうことも防げます。

腕はどう?

腕への使用方法も脚の使い方と変わりはありません。

一般的な使用法は、上記にも記載した通り、

・JOOMOを腕に3mm程度ムラが出ないように吹きかける。
・5分から10分放置しておく。
・洗い流す。

といった使い方に違いはありません。

その他に普段一番目に付く場所である腕への使い方のコツがあります。

まずは脚への使い方のコツと同じく、JOOMOを腕に吹きかけてからラップで覆うことが効果的です。

腕の毛は一般的には脚の毛より細く、柔らかいことが多いので放置時間は5分から10分の間で調節するとよいでしょう。
もし5分から10分使用しても毛が残ってしまう場合は、その都度調整をしてみてくださいね。

また、JOOMOを腕に使う場合も脚に使う場合も保湿をすることを心がけるようにしてください。

いくらJOOMOが肌に優しい除毛剤と言ってもその都度肌へ少なからず負担がかかっています。
ですので、しっかりと保湿をしてあげてください。

JOOMOをどの部分に使用する場合も毛が生えてきたなーといったタイミングで再度JOOMOを使い続けていくことができます。

最初のうちは毛が生える早さが早いかもしれませんが、継続していくとカミソリなどで処理するよりも生える早さが少しだけですが遅くなってきますよ。

>>JOOMOの詳細は公式サイトへ